123月

賃貸住宅を探すときは場所を優先して決める方もあれば、間取りを重視する方、家賃が一番気になるなどなど、何を基準にして選ぶかはまさに人それぞれです。
またどのような方法で探すのかなども千差万別なのです。
何事も初めての時は何から手をつければいいのかわからず、悩み、無駄な時間や労力を使ってしまい失敗することは多々あります。
ここでは一例として、地方から上京し一人暮らしを始める人をモデルに考えてみましょう。
もし学校に行くために上京したのであれば、通学しやすい地域や路線から探すのがいいと思います。
今はインターネットでもフリーペーパーの賃貸情報誌も町中あちらこちらでみかけます。
おおよその場所や最寄り駅が決まったら、その地域の情報を集めてみましょう。
治安はどうか、安いスーパーやコンビニもチェックした方がいいでしょう。
特に女性でしたら、夜遅く帰ったことを想定して考えたほうがいいです。
その地域の自然災害の影響も考えなくてはいけません。
氾濫する川などがあったら注意しなくてはいけません。
住宅仲介業者は地元の小さいところからCMなどで知名度が高いところまで、たくさんあります。
賃貸住宅の情報量も、そのお店によって全く違います。
中には一つの物件を何社も共同で扱うこともありますし、そこでしか持っていない情報もあります。
そして出来るだけ物件をみることをおすすめします。
間取り図や写真ではわからない所がありますから、決めてからこんなはすではなかったのに、と後悔しかねないからです。
気になる賃貸住宅物件があったなら遠慮せず質問した方がいいですし、どんどん相談に乗ってもらいましょう。
たくさんの物件をみることでだんだんと見極めるポイントがわかってくることがあります。
ですからすぐに決めずに一旦冷静になって考えたり、他の物件を見せてもらったりと、気持ちに余裕を持つことも大切です。
もしその時気に入った物件だとしても、時間によって日差しの角度が違ったり、交通量によって騒音も違ってきます。
友達と一緒に行って、客観的な意見を聞くことも意味があると思います。
自分に合ったすばらしい部屋が見つかるよう、がんばってください。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.